忍者ブログ
じゅごんの徒然なるウクレレ&日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英国の空港でテロ未遂があった。
結局、事前に察知した当局により、テロは未然に防がれたが、現在入出国審査は、たいへんらしい。


テレビに映し出された入国審査を見ていて、ふと私が初めて海外に行ったときのことを思い出した。

うら若き青年だったじゅごんは当時20代後半。
技術職だったものの急遽ロスへ1ヶ月行くことになった。

突貫で英語を必死に勉強し、とりあえず初めて受けたTOEICが640点くらいだった。
TOEIC主催団体の基準だと、海外短期出張がこなせそうなのが640点くらいからだったと記憶しているので、かなり微妙な点数だ。

しかも事前に自分でやった模試では500点くらいで、640点は正直 勘が冴えていただけ


で、かなり不安な状態で渡米したわけだが、機内で隣になったアメリカ人とお話ししたところ、まぁまぁコミュニケーションが取れた
「わしも結構いけるやん!」

多少気もゆるみ、旅を楽しむ余裕も出てきた。


そして、入国審査だ。
たまたま私の前には、アラブ系っぽい人がいたのだが、かれこれ20分近く言い合っている。
しかも一番の問題は、私がそのやりとりがまったく理解できないことだった。

さっき機内でちょっとしゃべれて気をよくしていた私は、現実の厳しさを目の当たりにし、

こっ、これは入国できないかもしれない・・・」

だれだ、入国審査なんてあってないようなもんだ、とか言ってたヤツはぁ
と一人、初めての海外に胸をときめかせる訳ではなく、動悸が激しくなっていった。

ようやくアラブ人のやりとりが終わった。
・・・彼は別室に連れて行かれるようだ

はじめてラブレターを渡したときより震える手で、パスポートを審査官に渡す。
審査官はパスポートを一瞥し、私の顔を見る。

「・・・」

手を無造作に振り、『行って良し』のようなジェスチャーをとる。

「っえ

忍び足で、審査官の横を通り過ぎると、ほんとうに通過させてくれた。

びば、じゃぱん
このときほど、日本人で良かっと思ったことはない。

ありがとう、日本。
ありがとう、おとうさん、おっかさん


P.S. ちなみにこの翌年、9.11が起き、審査が格段に厳しくなりました。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お勧め書籍&CD




















プロフィール
HN:
じゅごん
HP:
性別:
男性
自己紹介:
一目会ったその日から、恋の花咲くこともある。

ウクレレネタより、日常ネタの方が多いですが、ごゆるりとしてってくだされ。
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
twitter